読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームティーチャーズ

新潟県の家庭教師ホームティーチャーズの公式スマホサイトです!

正しい授業の受け方で変わる中学生の成績?

猫先生.jpg
 

授業の受け方を見直そう

 
「今年こそは成績を上げるぞ~」と意気込んでいる生徒さんも多いと思います。
 
しかし、「どうしたら成績アップできるのか分からない・・・」という声も。
 
 
 
学習塾や家庭教師も一つの手ですが、まずは授業の受け方を見直してみてはどうでしょう?
 
 
jyugyou_fukei.png
 
 
正しい授業の受け方って、だれかに教えられることがないのかもしれません。
 
 
なんとなく、予習はした方が良いだろうし、ノートは取った方が良い、居眠りするよりも集中した方が良いというのは分かります。
 
 
 
しかし、具体的にどのような予習をして、何をノートに書き取って、先生の話のどこに注目すれば良いのかまで教えてもらう機会はありません。
 
 
教えてもらっていないのに、授業の受け方をやる気の有る無しで片付けられることもありますよね。
 
 

f:id:hometeachers21:20160616112906p:plain

 
今回は、学校の授業の受け方についてポイントを5つ挙げてみます。
 
 

中学生、授業の受け方のポイント


ポイントと言っても、特別なことではありません。
 
 
「予習や準備ができている」
 
「目線を上げて、先生や黒板に集中している」
 
「先生の話や解説をノートにメモしている」
 
「習ったことを授業内で覚えたり理解するように努める」
 
「分からなかったことは早めに質問する」
 
 
 
こういった当たり前のことです。
しかし、当たり前のようですが、できていない生徒さんが大半です。。。
 
 

f:id:hometeachers21:20160704161206p:plain

 

予習って難しそう・・・


1つ目のポイントは、予習や準備ができている
 
 
予習というと、「習っていないことを自分で勉強する」というイメージかもしれませんね。
 
「自分で勉強するなんてムリ!」という生徒さんもいるでしょう。
 
 
しかし、これは大きなカン違いです!
 
 
 
予習とは、
 
×「習っていないことを自分一人で勉強すること」
 
○「授業での理解を高めるための準備」
 
です!
 
 
 
つまり、勉強が苦手な生徒さんほど予習が必要です
 
 
 
こちらのページで解説しています
 

f:id:hometeachers21:20160609191440p:plain

 
予習することで、授業や先生の話のどこに集中すればいいのかが分かるようになります。
 
 
それでは、授業中のポイントはどこでしょう?
2つ目のポイントは次回へ続きます。
 
 
続きはコチラ
 
 
 

↓ 予習,復習やテスト勉強のやり方が身につく無料体験授業のご案内 ↓
無料体験.png

 

 

 

トップに戻る