読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームティーチャーズ

新潟県の家庭教師ホームティーチャーズの公式スマホサイトです!

3つのステップで成績アップ!

006625.jpg
 

前回のまとめ

 
前回は、テスト勉強のシンプルな手順をご紹介しました。
 
シンプルなようでなかなか実行するのが難しく、それでいてとても効果のある3ステップです。
 
1 でるものを知る
 
2 できないを知る
 
3 できないをなくす
 
 
 
前回は、1について具体的に解説しました。
 
テストを作る学校の先生からのサインをテスト勉強に活かそうという内容でしたね。
 
 
記事はこちらです
 
 
 
今回は、ステップ2,3についての具体的な説明です。
 
定期テストだけでなく、受験勉強にも応用できます。
 
ぜひ、内容を理解して身につけて下さい。
 
必ず成績アップにつながりますよ!
 
期待.jpg
 

2 できないを知る 3 できないをなくす

 
ステップ1で、テストに出やすいところが絞れているはずです。
 
そこを重点的に勉強していくわけですが、いくらポイントを押さえていても、
「テスト前に勉強したはずなのに、本番でできなかった」というのは最悪ですよね。。。
 
 
これを防ぐためには、
 
「自分ができないことをテスト前に知っておく(2 できないを知る)」
 
「可能な限りそれらを減らす(3 できないをなくす)」ことが必要です。
 
もっと言えば、この二つがテスト勉強そのものです。
 
 
test_benkyou_boy.png
 

「できない」のタイプ?

 
「できないところを知り、なくす」ためには、できないところだけを集めておいて何度も見直したり解き直したりする必要があります。
 
具体的には、間違いノートを作ることが一番効果的です。
 
 
関連記事
間違いノートって何? どうやって作るの?
 
 
 
ノート008.jpg
 
 
「できない」にはいくつかのタイプがあります。
 
・知らない
・分からない
・忘れた
・間違えた
・ケアレスミス
 
これらは全て別々の問題なんですよ!
 
 
間違えた問題は見直すけど、小さいミスは見直さないという生徒さんが少なくありませんが、結局テスト本番で点数を落とすのは小さなミスだったりします。
 
自分のミスパターンを分析することも、「できないを知る」です。
 
分からない問題をなくすことは難しいですが、ミスをなくすことはできますよね。
 
 
それぞれのタイプの「できない」をチェックしておいて、可能な限り減らすことが3つ目のステップです。
 
 
 
043602.jpg
 

まとめ

 
・できないを知る
 
「できない」には、分からない・ミスした・・・などいくつかのタイプがあります。
 
間違えた問題・分からない問題だけでなく、全ての「できない」をテスト前に確認し、後で見直せるようにノ間違いノートにまとめておくのが良いでしょう。
 
 
・できないをなくす
 
ノートにまとめた「できない」を、可能な限り減らすことがテスト勉強の本質です。
 
応用・発展問題をできるようにすることは難しいですが、単純な知識不足や練習不足、ケアレスミスを防ぐことは難しくありません。
 
自分に合ったテスト勉強のやり方で、「できない」を減らすことを意識しましょう。
 
 
以上、シンプルなテスト勉強の3ステップを解説してみました!
 
みなさんの成績アップを願っています。
 
pose_ganbarou_woman.png