読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームティーチャーズ

新潟県の家庭教師ホームティーチャーズの公式スマホサイトです!

数学が苦手になる中学生の特徴

0-29.jpgのサムネイル画像

 

前回の記事のまとめ

 
・算数と数学では扱うものが変わる
 
・算数は、答えの正確性を重視する
 
・数学を勉強すると論理力や想像力が身につく
 
 
前回記事はこちら
 
 
前回は、算数と数学の違いについてでした。
 
今回は、数学が苦手になってしまう生徒さんの特徴を挙げます。
 
小中学生さんと保護者様に、まずは苦手になる原因を知っていただきたいと思います。
 
 
kosodate_kaiwa_boy.png
 
 

答えが大切な算数と、考え方を重視する数学

 
数学ではイメージしづらい抽象的な数やモノを扱います。
 
 
すると、重視されることが算数とは変わってきます。
 
算数で大切だった答えの正確さよりも、数学では「なぜそうなるのか」という理由が重視されます。
 


極端な話ですが、算数では答えさえあっていれば良いと言えます。
 
だから、計算の途中式を書かないお子さまが多いですよね。
 
「途中式も書こうね!」と指導するのは、中学・高校と進むにつれて、答えそのものよりも答えに至るプロセス(過程)が評価されるように変わるからです。

chara04.png
 
答えの正確さが評価される算数では、答えの出る方法だけ覚えてしまえばOKと考えてしまいがち。
 
どうしてこの式になるのか、意味や理由を深く考える必要がありません。
 
 
 
しかし、「なぜそうなるのか」という理由を一切考えずに、中学数学の解き方を丸暗記することは難しく、高校に進むと全くできなくなります。
 

f:id:hometeachers21:20160304203605p:plain

 

数学苦手予備軍?


「計算はできるんだけど、文章題ができない・・・」というお子さまは危険信号です。
 

なぜならば、算数のテストの問題は、答えの出る方法が限られます。
4種類の計算(+-×÷)を2,3回行うだけです。

 
つまり、丸暗記してしまうことが難しくありません。
 

しかし、文章から式をつくる問題の場合は、ほぼ無数につくることができるため、解き方を丸暗記することは不可能です。
 

f:id:hometeachers21:20160302143456p:plain

 
 
文章題を解くためには、問題文を読み、内容を理解し、それに合った式を立てる力が必要です。
読解力、想像力、論理力、思考力などの力です。
 

つまり、小学校のテストが90~100点でも、数学苦手予備軍はたくさんいます
「計算ができているから、まあ良しとするか」は大変危険です!
 
 
早めに解き方や勉強のやり方を見直さなければ、中学校に上がって数学でつまづく可能性があるでしょう。
 
 
関連記事
 
 
勉強する男の子(困り.jpg
 
 
数学を通して学ぶ論理力や想像力は、大人になってからの問題解決能力につながります。
 
中学,高校のテストだけで終わりではありません!
 
「数学なんて勉強したって、大人になって何の役にも立たないよー」なんて言う大人は・・・信用しないで下さいね。

gorogoro_ojisan.png
 
 

家庭教師による数学指導

 

数学の考え方は、教材学習や受け身の授業では身につきません。
 
ホームティーチャーズでは、苦手になりやすい文章題や証明問題など、想像力や論理力を鍛える数学特訓指導を行っております。
 
考え方や解き方を身につけて、数学苦手を解消しましょう!
 

f:id:hometeachers21:20160212191038p:plain

 
また、小学生を対象に、数学苦手予備軍のチェックもできます。
「計算は得意だけど、文章題は苦手・・・」というお子さまは、ぜひ一度ご利用下さい。
 
 
まずは、体験授業で「わかりやすい」を感じて下さい!
 
↓ 無料体験のご案内はコチラ ↓ 
無料体験.png