読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームティーチャーズ

新潟県の家庭教師ホームティーチャーズの公式スマホサイトです!

受験勉強のために、夏休みまでにやっておきたい3つのこと

 pier-569314_640.jpg

家庭教師が考える高校受験勉強のスタート時期

 
本格的な高校受験勉強のスタートは中3の夏からと言われます。
 
今回は中3受験生に向けまして、夏休みまでにやっておきたい3つの下地作りについての記事です。
 
 
 
3つの下地とは、
 
・自ら机に向かって勉強する習慣
 
・覚えては忘れ、忘れては覚えなおす根気
 
・高校入試に正面から向き合う姿勢
 
 
chara01.png
 
 
 
「いざ勝負!」の夏休みに入っても、何をやったらいいのか受験勉強のやり方が分からないという受験生が毎年悲鳴をあげます。
 
そこで、家庭教師として新潟県内の受験生を担当してきた経験からはっきり言います!
 
「夏休みに出遅れると、本来は夏にやっておかなければならなかったことが、秋に表面化して取り返しがつかないぞーーー!!」
 
そして、秋にやらなければならないことが冬にずれ込み、残念ながら高校入試本番にピークが間に合わなくなってしまいます。。。
 
つまり、夏には夏にやるべきことを、秋には秋にやるべきことを、やらなければなりません。
 
 
 
そのためには、3つの下地作りが必要です。
 
「受験勉強は夏からスタート」と書きましたが、下地ができていなければ、「夏休みに入っても、何をやったらいいのか、受験勉強のやり方が分からない!」となるわけです。。。
 
 

自分から机に向かう習慣

 
まず第一の下地は、自ら机に向かって勉強するという習慣です。
 
 
ところで、定期テスト期間外で、提出物や宿題以外での家庭学習はどのくらいやっていますか?
 
ほぼゼロという中3生も少なくないでしょう。
 
このまま夏休みに入ったからといって、何かがパッと変わって、1日3,4時間も机に向かうことはありえるでしょうか。
 
 
学習内容は何でもかまいません。
 
今のうちから1日15分でも30分でも、自主的に机に向かうという下地が夏までに必要です。
 
 
school-375976_640.jpg
 
 

覚えては忘れ、忘れては覚え直す根気

 
「やる気を出して本格的に受験勉強を始めさえすれば、スムーズに学習が身について学力が上がる」
 
「やれば出来る子だもん♪」
 
中3生自身も、保護者の方も、思い違いされていることが多いのですが、上のような考えは過信であることが多いです。
 
 
 
新潟県の高校入試は、3年間分という膨大な学習内容から均等に出題されます。
 
つまり、受験勉強を始めたからといって、思うように頭に入っていくような簡単な作業ではありません。
 
一つ覚えては忘れ、また覚えては忘れるというくり返しです。
 
そんな先の見えない作業に挫折して、やる気をなくしてしまう中3受験生がいらっしゃいます。
 
 
ですから、
 
「授業を受けて理解したことを家に帰って見直す」
 
「テストを受けて間違えたところを練習し、再テストしてみる」
 
という地道な作業に今のうちから慣れておきましょう。
 
見直しと復習のくり返しです。
 
anki_card.png
 
 
テスト勉強
→ テスト本番
→ 「やったーテスト終わったー!遊ぶぞー!」
 
これは、もうやめにしましょう。
 
 
覚えては忘れ、忘れてはまた覚え直すという根気のいる作業をコツコツと継続していくことで、3か月6か月後にグンと学力がついてくるものです。
 
こういった地道な受験勉強のやり方に慣れておくことが第二の下地です。
 
dokusyo_kansoubun.png
 

「できない」を減らしていくために

 
先の見えにくい受験勉強ではありますが、できないことを少しずつ減らしていけば必ず力はついていきます。
 
 
しかし、必ずやってくる高校入試本番から目をそむけ、「まだ大丈夫だから。。。」と逃げてしまうのが人間の弱さです。
 
 
てへぺろ.jpg
 
 
 
できないことを減らすためには、まず何ができないのか知ることですよね?
 
 
高校入試本番にはどんな問題が出るのか、今までの定期テストとどこが違うのか、今できること・できないことは何か、高校入試に正面から向き合う姿勢を作ることが第三の下地です。
 
 
具体的には、まず高校入試についてよく知ること、またスモールステップで考えることが重要です。
 
 
くわしくはこちらの記事を参考に!
 
 
 
 
1対1.png
 

★まとめ

 
以上、スムーズに高校受験勉強を進めるために、中3生が夏までにやっておきたい3つの下地作りについてでした。
 
 
・自ら机に向かって勉強する習慣
 
 
・覚えては忘れ、忘れては覚えなおす根気
 
 
・高校入試に正面から向き合う姿勢
 
 
 
これらが身につけば、充実した勝負の夏を迎えることができますよ!