読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームティーチャーズ

新潟県の家庭教師ホームティーチャーズの公式スマホサイトです!

高校入試過去問攻略のすすめ!

f:id:hometeachers21:20160606172137j:plain

 

家庭教師が考える受験の鉄則は、過去問攻略?

 

テストと名のつくものであれば、過去問の分析と演習が最高の対策です。

大学入試でも高校受験でも、英検や漢検でも鉄板ですよ。
 
 
しかし、中3受験生の中には、
 
・まだ習ってないところがあるから
 
・応用問題が難しそうだから
 
・点数が悪かったらショックだから
 

という理由で、高校入試の過去問をやりたがらない生徒さんが少なくありません。
 
 
 
 
この記事では、中3生が過去問をやるべき理由と、家庭教師による過去問の攻略についてお話しします。


f:id:hometeachers21:20160606172313p:plain

 

中3受験生が過去問をやるべき理由


早いうちから過去問を解くべき理由は、
 
① 出題傾向がつかめる
 
② 配点から戦略が立てられる
 
③ 自分の弱点が把握できる
 
です。
 
 
しかし、過去問には手をつけず、新研究などの問題集を片っ端からやり始め、「難しい問題でつまづいてはやる気をなくす」という受験生が多いです。
 
これってムダな時間ですよ!
 
 
xf3215064408l.jpg
 
 
 
難しい問題にぶつかったときに考えてほしいのは、
 
「入試で出る可能性があるのか」
「自分の目標点に必要な問題なのか」
 
ということ。
 
これを判断するためには、過去問を分析する必要があります。
 
 
 
具体的には、
 
・最近5年(できれば10年)で似たような問題が出ているかどうか
 
・目標点と配点と正答率から、自分にとって取るべき問題かどうか
 
 
入試に何度も出題されていて、自分の目標点に必要な問題であれば、時間をかけてじっくり悩んで下さい。
 
しかし、そもそも入試にあまり出ない、出たとしても自分の目標点には必要ないということであれば、深く悩む必要はありません。
 
 
chara04.png
 
 

家庭教師の過去問攻略プラン

 

例えば、Aさんの志望校への目標点が、5教科300点だとします。
 
もちろん教科によって得意苦手があるでしょうから、苦手な数学は目標50点としましょう。
 
 
e0cb44d94d9722bafbcdb42ce19c83d1_s.jpg
 
 
 
さて、平成27年度の新潟県公立高校入試の数学の問題。
 
全部で30問ありますが、最も正答率の高い問題が95.7%、最も低いものが1.0%です。
 
 
配点は、95.7%の問題が3点、1.0%の問題が4点とほとんど変わりません
 
正答率95.7%の問題でケアレスミスをして、1.0%の難問で長時間悩むのは大変効率が悪いですよね!
 
 
 
正答率が80%を超える問題だけ全問正解した場合、合計点は26点
 
70%を超える問題だけ正解した場合、36点
60%を超える問題だけ正解した場合、50点
50%を超える問題だけ正解した場合、60点 となります。
 
 
つまり、50点が目標のAさんは、正答率60%前後の問題を中心に学習すればいいわけです!
 
 
 
70%以上の問題は絶対に取りこぼさない、また50~70%の問題を取るのに必要な受験勉強の計画を立てるというのが、Aさんにとって最善の受験勉強になるでしょう。
 
80%以上のやさしい問題ばかりやっていても力がつきませんし、30%以下の難しい問題で悩むのは時間のムダですよね?
 
効率重視の受験勉強で、余裕を持って入試本番を迎えましょう!
 
 
chara02.png
 
 
ホームティーチャーズは、新潟県の高校入試を分析し、一人ひとりの現状から最善のプランをご提案できます!
 
中3受験生の高校入試対策はホームティーチャーズにおまかせ下さい!
 

f:id:hometeachers21:20160606172313p:plain

 
 
 

トップに戻る