読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームティーチャーズ

新潟県の家庭教師ホームティーチャーズの公式スマホサイトです!

学校独自検査、筆答検査って何?

f:id:hometeachers21:20130310105950j:plain

 

新しく変わった新潟県の公立高校入試

 
すでに発表されていた平成27年度以降の新潟県の公立高校入試の制度変更ですが、具体的なポイントは、
 
推薦選抜が廃止され、特色化選抜
一般選抜での学校独自検査導入

この2点ですよね。
 
平成26年5月に新しい発表がありましたので、以下にまとめておきます。
 

特色化選抜について

 
特色化選抜については、予想通りほとんどの学校・学科でスポーツ活動での推薦入試を引き継ぐような形です。
 
 
スポーツ活動以外では、
 
≪文化活動≫
音楽(新潟中央/音楽)
英語に関わる活動(国際情報/国際文化)
 
≪科学分野の活動≫
ものづくり・木工・ロボット・コンピューター・科学(新津工業/全学科)
科学(長岡/理数 柏崎/理数)
自然科学に関わる活動(国際情報/情報科学)
海洋・水産(海洋/全学科)
 
と、ごく一部の高校のみです。
 
 
つまり、ほとんどの中3受験生は一般選抜で高校受験することになります!
一般選抜では、調査書(内申点)と5教科の学力試験と学校独自検査とによって合否が決まります。
 
 
juken_goukakuhappyou_happy.png

学校独自検査の日程について

 
学校独自検査は、今までの主要5教科の学力検査の翌日に実施されます。
平成27年度は3月9日が学力検査、3月10日が学校独自検査です。
 
 
実施の有無も、内容も配点も各高校各学科によって異なります。
 
平成27年度は、全日制80校のうち76校で実施されることが決まりました。
(実施しないのは、中条高校・新潟北高校・正徳館高校・川西高校の4校のみ)
 
 
学校独自検査の内容は大きく分けると、
 
筆答検査(A,Bの2種類)
面接(集団・個人)
作文(PRシート・課題作文)
その他(実技など)
 
この中から2つを課す高校もあります。
 

f:id:hometeachers21:20160229144404p:plain

 
各地域の上位高校(国公立大学進学を目指すレベルの高校)では筆答試験Aが多く、2番手校では筆答試験Bが行われる傾向です。
 
いずれの試験も、読む・聞く・書く・話すのコミュニケーションの力と、ものごとを論理的に考える力が試されます
 
 
続きはこちら
(PCサイト)