読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームティーチャーズ

新潟県の家庭教師ホームティーチャーズの公式スマホサイトです!

スマホを持たせるときに保護者が注意すること

 

 

039412.jpg

 

スマホに対して正しく怖がりましょう!

 
スマホの低年齢化やLINEトラブルの問題が社会現象になるにしたがって、頭ごなしに「スマホはダメ、危険」と言ってしまう保護者が増えているようです。
 
たしかに、小中学生にスマホは不必要だと思いますよ。
 
便利に使うメリットよりも、トラブルが起きるデメリットが何倍もあるからです。
 
 
しかし、もっとよくないのは親が「ルールも作らず、無責任に放置してしまうこと」「根拠もなく、頭ごなしに禁止にすること」です。
 
 
保護者がスマホやLINEについて正しく学び、危険性やフィルタリングの方法を知った上でお子さまと話し合って買い与えればこのようなことはありません。
 
必要以上に怖がることはありません。
 
正しく怖がりながら、賢く利用していく道を考えてほしいと思います。
 
 

スマホを買い与える親が注意すべきこと

 
それでは、親がリスクを正しく知り、お子さまとルールを決めた上でスマホを買い与えると決めたとき、親が気をつけなければならない点はどこでしょうか?
 
 
①まず話し合いを通じて、具体的にルールを決めること
 
②その後も定期的にルールの見直しをすること
 
③精神的にも、物理的にも、子どもがいつでも相談できるおとなでいてあげること
 
 
①と②のルールに関してはこれまでも何度か記事にしていますので、そちらを参考にしてみて下さい。
 
 
中学生のスマホやネットのルールについての記事
 
 

保護者が積極的に関わり、責任を持つこと

 
今回の記事で最もお伝えしたかったのは③についてです。
 
③精神的にも、物理的にも、子どもがいつでも相談できるおとなでいてあげること
 
 
精神的にというのは、上の記事の言葉を借りれば、
 
これはスマホの問題だけに限りませんが、親が子どもを守るには、子どもの変化に常に敏感でいなくてはなりません。そのためには親の方に心のゆとりが必要です。
 
ということです。
 
 
忙しいとついつい後回しにしたくなる問題ですが、お子さまの人生を左右しかねないトラブルにつながる可能性もあります。
 
しっかりと関わってあげて下さい。
 
 
また、物理的にというのは、相談ができる時間や場があることももちろんですが、
親がスマホ・ネット・LINEについての知識やリスク、制限方法などくわしい知識を持っていることも重要です。
 
正しく知ることでお子さまからも信用され、また裏切られることもなくなるでしょう。
 
 
先に述べた通り、知ることや調べることを放棄して無責任に使わせたり、頭ごなしにスマホダメ・ラインダメと禁止することでトラブルの可能性が高まります。