読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームティーチャーズ

新潟県の家庭教師ホームティーチャーズの公式スマホサイトです!

勉強のやる気が三日坊主にならないよう親にできること

034.jpg 

前回のまとめ(三行)

 
・高学年から、勉強の習慣を身につけるのは簡単ではない
 
・保護者との真剣な話し合いで、内発的な動機づけが必要
 
・ただし、動機づけだけでは学習は続かない
 
 
前回の記事はこちらです
 

f:id:hometeachers21:20160621181735p:plain

 
保護者さまからご相談が多いのは、「さあがんばるぞ!」とやる気を出してくれたのはいいけども、結局三日坊主で終わってしまう・・・。
 
夏休みやテスト前、こんな経験がありませんか?
 
 
この記事では、出たやる気を継続させて、勉強の習慣が身につくまでのもう一つのハードルについて書いてみます。
 
 
三日坊主に悩んでおられる保護者さまはぜひ参考にしてみて下さい!
 
 
woman_think.png
 
 

勉強の「三日坊主」の原因

 
前回記事でも触れましたが、動機づけによって出るやる気は一時的なものです。
 
三日坊主で終わってしまう原因は何でしょうか?
 
 
原因は、根気の弱さ
 
 
 
岸本裕史先生は「見える学力、見えない学力」の中でこのようにおっしゃっています。
 
 
「やる気が生まれても、勉強をつづけていくという根気が、まだひどく弱いのです。
体力も、気力も頼りないままなのです。
 
正確に言うと、学習姿勢を崩さずに勉強していくための静筋がいたって、未発達なのです。
 
 
ちょうどハイハイしている赤ちゃんが、やっとつかまり立ちをしかけたときと似ています。
一人ですたすたと歩く力は、まだまだできていない赤ちゃんには親が手をさしのべてむかえてやったり、支えてやったりしなければならないのと同じです。」
 

akachan_haihai.png
 
 

勉強を習慣づけるため「親の根気」

 
「中学生にもなって・・・」
 
と感じるかもしれませんが、小学校低学年で学習習慣を身につけられなかったわけですから、低学年の子と同じ状況なのです。
 
 
最低でも3か月は、内容や量・成果は求めず、とにかく大人が勉強を続けていることをホメてあげる必要があります。
 
 
 
始めは1日5分で良いです。
 
嫌がられても、隣で時間を計ってあげて下さい。
 
教科書を開くだけでも、読むだけでもホメてあげて下さい。
 
机に座っているだけで十分と考えましょう。
 
 
女性2.jpg
 
 
内容よりも続けていることが優先。
 
成果を焦るのも厳禁です。
内容や成果には一切口を出さず、継続していることをホメて、感心して、認めてあげて下さい。
 
 
 
3か月も続けば、もう学習習慣は確かなものとなっているはずです。
 
 
・大人が根気強く付き合ってあげること
 
・がんばりを認めてあげること
 
がポイントです。
 
 
1週間や10日続いたからと言って放り出したり、テストの結果についてとやかく言わないであげて下さいね。
 
6ヶ月くらいからは成果も期待できるようになるでしょう。
 
 
 
関連記事
夏休みの計画を計画倒れにしない
 
 
kosodate_kaiwa_girl.png
 
 

自分に合った勉強のやり方

 
上でも書きましたが、習慣のないお子さまは、勉強に関して赤ちゃん同然です。
 
 
習慣を生み出すための補助ももちろんですが、勉強のやり方も支えてあげなければ、何をどうやって良いのか分からないのです。
 
 
習慣は親御さんでも支えてあげられますが、勉強のやり方は一人ひとり異なりますので専門家におまかせ下さい。
 
 
集団授業の学習塾が合う生徒さんもいます。
マンツーマンが合うお子さまも、自学自習や添削教材が合うお子さまもいます。
 
friends_man_woman.png
 
 
家庭教師のホームティーチャーズでは、自分に合った勉強のやり方を見つけてもらうための体験授業を行っております。
 
まずは、体験授業を通じて生徒さんの状況を聞かせて下さい。
 
 
↓ 体験授業のご案内 ↓ 
無料体験授業.png

 

 

トップに戻る