読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームティーチャーズ

新潟県の家庭教師ホームティーチャーズの公式スマホサイトです!

なかなか勉強しない中学生への声のかけ方

親子会話.jpg

やる気が出ない中学生の保護者さまへ

 

テストが近づいても、全く勉強する様子がないお子さまを見ると不安になりますよね~?
 
 
頭ごなしに「勉強しなさい!」と叱っても、中学生には逆効果。
 
かと言って、「やる気が出るまで放っておこう」では、結局ギリギリまで何もせず、成績は下がる一方。。。
 
 
一体どうしたら良いものかと悩んでいませんか?
 
 
今回は、お子さまを勉強に向かわせるために家庭教師が行っている声掛けについてお話します。
 
期待.jpg
 

「やる気が出るまで放っておこう」は危険?

 
まず、第一にお伝えしたいのは、「うちの子はやる気がないから、出るまで放っておこう」という放任の考えの危険性についてです。
 
 
「このままじゃマズいと気がつけば、自発的に勉強するようになるだろう」
 
「やればできる子なんだから」
 
という考えは正しいですが、通用するお子さまとしないお子さまがいるのが事実です!
 
 
pose_inemuri.png
 

自主的に勉強に向かわせる声掛け

 
勉強から逃げよう逃げようとしている中学生には、周りからアクションを起こさなくてはなりません。
 
 
かと言って、頭ごなしに「勉強しなさい!」は逆効果。 
 
重要なのは、自発的に勉強に向かわせるような誘導です。
 

f:id:hometeachers21:20160609191440p:plain

 
一例としては、受験やテストが決まった日に行われることを意識させること。
 
 
勉強から逃げようとしている中学生が、自ら勉強をがんばる大きな動機は危機感です。 
危機感を持ってもらうためには、締切を意識させるのが効果的。
 
 
ですから、「〇日からテストだよ」とか「テストまで2週間だよ」とこちらから教えるのではなく、「テストっていつからだっけ?」と質問してみて下さい。
 
テストまで2週間以上あるときに、お子さまが「〇日からだよ」と即答できるようであれば、十分に自覚をもっています。
 
 
「だいたい〇日くらいじゃない」とか「知らない」という返事が返ってきたら、「じゃあ調べてみよう」と返して下さい。
 
自ら予定表のカレンダーを見てテスト日程を確認することで、「けっこうすぐテストだなー」と自覚し、危機感が少し芽生えます。
 
他人が伝えるよりも自分で知る方がはるかに効果的なんですね。
 

f:id:hometeachers21:20160611173208j:plain

 
 
関連記事
「勉強しなさい!」は逆効果?
 
 

中学生のやる気をうばわない声掛けの注意点

 
自発的に勉強に向かわせる一つのポイントは、自ら危機感を持ってもらうことです。
 
ですから、「なんでテスト日程も知らないの!」とか「2週間前なのに何で勉強してないの!」とかお説教モードではダメです。
 
ただ単に、テスト日程を知りたいだけというトーンで質問して下さい。
 
 
 
他にも、自らやる気を出してもらうための声掛けや工夫はたくさんあります。
 
 
また、親子ではなかなかうまくいかないというケースもあるでしょう。
そんなときは家庭教師にご相談いただければと思います!
 
 
お子さまのやる気を引き出すキッカケに体験授業も行っております。
 
詳細はコチラ
 

f:id:hometeachers21:20160611155209p:plain