読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームティーチャーズ

新潟県の家庭教師ホームティーチャーズの公式スマホサイトです!

新潟県内の附属小学校受験の対策について

園児ママ.jpg
 
 

新潟県内で附属小受験をお考えですか?

 
新潟県には私立小学校がありませんので、小学校受験と言えば附属小学校ということになります。
 
 
具体的には、
 
新潟市の新潟大学教育学部附属新潟小学校
 
長岡市の新潟大学教育学部附属長岡小学校
 
上越市の上越教育大学附属小学校
 
の3校です。
 
出願が11月、入学検査が12月。
 
小学校受験の準備や対策は、1年前の年中の秋から始めるというのが一般的なセオリー。
 
学習塾や幼児教室をお考えの方も多いのではないでしょうか?
 
 
幼児1.jpg
 
 
ホームティーチャーズの幼児教育について
 
 

小学校受験は、保護者・親の受験?

 
例えば、大学受験は受験生本人が主体です。
 
高校生ともなれば、自分の意志で自分の進路を切り開くことになりますよね?
 
割合として、高校受験は親が2割で本人が8割、中学受験は親が8割で本人が2割と言われます。
 
 
一方で、小学校受験は親の受験と言われています。
 
保護者が志望校選びから、対策・準備まで手配しなければなりませんし、面接や行動観察では家庭でのしつけが大きく影響するからです。
 
 
0-43若い親.jpg
 

附属小受験は、抽選の運に左右される?

 
検査は、ペーパー、行動観察、面接が主ですが、検査合格者の中で抽選があるので、確かに運も必要かもしれません。
 
しかし、だからと言って何も準備・対策せずに、丸腰で受験するのは無謀です。
 
 
例えば、ペーパーでは、常識・記憶・推理・思考・社会性・言語・数量などさまざまな分野から問われます。
 
お子さまは就学前ですから、ぶっつけ本番では全く対応できません。
 
しっかりと慣れておく必要がありますよね。
 
 
あくまでも、知識ではなく知能ですから、書店でドリルを買ってきて小学校の勉強(文字や計算)を先取りして学ぶだけでは足りません。
 
0-58読み聞かせ.jpg
 

ホームティーチャーズの幼児教育

 
ペーパーよりも重視されるのは、行動観察や面接と言われています。
 
対策としては、単に知識を詰め込むのではなく、認知発達を促すことが必要です。
 
 
ホームティーチャーズでは、1:1のメリットを最大限に活かした幼児教育に取り組んでおります。
 
塾や教室のレッスンでは補えない、きめ細かい指導が好評です。
 
認知発達はペーパーにも良い影響がありますし、小学校受験だけでなく、この先中学・高校での学力につながっていきます。
 
 
認知発達についてはこちらで解説しております
 

園児幼児.jpg
認知発達を重視したホームティーチャーズの附属小受験対策をぜひお試しください!
 
 
資料請求白.pngのサムネイル画像