読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームティーチャーズ

新潟県の家庭教師ホームティーチャーズの公式スマホサイトです!

【再掲】定期テストを攻略するための5つのポイント

夏休みが終わり、授業再開ですね。

 
3年生は模試や実力テストが終わりました。
また1,2年生も1ヶ月弱で定期テストです。
 
夏休み気分は断ち切って、勉強モードに入りましょう。
 
 
 

テストの時期になると「今回こそはがんばろう!」と決意するものの、


・テスト勉強のやり方がわからない

・ついついテストのギリギリまで何もしない

・机に向かっている時間は長いのに成果が出ない


こういった理由でどんどんやる気を失ってしまう生徒さんが多いようです。




 
このような生徒さんとお話ししていると、テスト勉強の方法や考え方を根本的に間違っていることが多く驚きます。

がんばっていても成績が上がらないのは、考え方ややり方が良くないからです。
もう一度、自分の勉強方法を見直してみると良いでしょう。


もちろん成果を出すための勉強方法は、一人ひとりの状況や性格によって異なりますので、
「この方法をとれば絶対に成績が上がる」というものはありません。


今回は誰にでも当てはまるような基本的な5つのポイントを書いていきますので、
参考にしてもらえるものがあれば幸いです。






まず①は大前提

①「努力をすれば学力が上がる」とは限らないが、
    「努力なしで学力が上がる」ことは絶対にない。



本当に当たり前のことですが、まずこれが頭に入っていないと始まりません。


もし、テスト勉強が大好きだという人がいれば楽しいでしょう。
そうでなければ、成績を上げるためにはそれなりの努力が必要です。


かといって、努力すれば目標点が取れるというわけではありません。
重要なのは努力の方向性です。







②計画を立てることの重要性


「計画を立てても、計画通りにすすんだ試しが無い。どうせ今回もうまく行かない。だから計画を立てない。」

これは、大きな大きな大きな大きな間違いです!



計画通りに物事をすすめるということは大人でも難しいことですから、
中学生が計画通りにテスト勉強を成し遂げるということは非常に難しいでしょう。


大事なことは計画を立てること自体なのです。



例えば、テストまで残り10日間あるとしましょう。

テストまでにやらなければならないことをピックアップして、
何時~何時までこれを行うという計画を10日分紙に書きましょう。
(紙に書いてこそ初めて計画です。必ず紙に書きましょう。)




3日経った時点で、思ったより進まずに(またはサボっちゃって)まだ計画した量が終わっていなければ、
それを含めて、残り7日間の何時~何時にこれを行うという計画をあらためて紙に書きましょう。

毎日変更してもいいので計画を立て続けるのです。



立て続けるうちに「自分が1時間ですすめるページ数」や「優先してやらなければいけないことと、後回しにすること」がわかってきます。

これがとても重要。



これがわかることによって、次に立てる計画がより良いものになっていきます。
つまり、テスト勉強を計画通りに成し遂げられるように成長するのです。



ポイントは「うまくいかなくても計画を立て続けること」と「しっかりと紙に書くこと」です。

くり返しになりますが、計画を立ててもどうせうまくいかないから立てないというのは、大きな間違いです。




それではどんな計画を立てれば良いのか?
具体的な計画内容は次回書きます。




つづきはこちらから → 【学習計画の立て方】長岡市の家庭教師・ホームティーチャーズ公式