読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームティーチャーズ

新潟県の家庭教師ホームティーチャーズの公式スマホサイトです!

暗記教科 最適な勉強のタイミング

いよいよ先週から夏休みですね。

みなさん学習計画は立てましたでしょうか?
 
 
 
休みだからと言ってだらだらと過ごせば、あっという間の夏休み。
まず大事なのは朝の過ごし方です。
 
過去の記事ですが、参考にしてみて下さい!
 
 関連記事
 
 
 
 
 
朝から勉強のやる気が起きたところで次に考えることは、
「どの時間帯に、どの教科を勉強すると効率が良いのか?」ということです。
 
 
そこで今回はある法則をご紹介します。
 
 
 
 
「就寝直前に入った情報は、記憶効果が高い。」


 
 
 
アメリカの心理学者の名前を取った「ジェンキンスの法則」と呼ばれるものです。


ジェンキンスは能力に差のない2つの学生のグループに同じ講義をし、翌朝に講義内容のテストを行いました。

Aのグループには講義後にすぐ寝るように指示し、Bのグループには好きなように行動させました。
結果Aのグループの平均記憶量は56%、Bのグループは9%という大きな大きな差がつきました。



新しく覚えたものごとは寝ている間に記憶が整理され、その後定着するようです。





 
 
英単語でも理科の公式でも歴史の人物名でも、覚えた後にできるだけ早く睡眠を取らなければ、
せっかく覚えた内容が頭に残らないということです。


逆に言えば暗記系の学習は、寝る直前に行うのが効率が良いと言えます。
起きている間に入ってくる情報は、暗記したものを埋もれさせてしまうのでしょう。
 
そして朝起きてから10~15分程度で寝る前に覚えたことを確認することでより効果的に記憶に留めることができます。



ぜひ夜寝る前の1時間と朝起きてからの15分を暗記系の学習に当ててみて下さい。






関連記事