読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームティーチャーズ

新潟県の家庭教師ホームティーチャーズの公式スマホサイトです!

算数と数学の違い

小学校6年間「算数」と呼んでいた教科は、中学校では「数学」と呼び名が変わります。
呼び名が変わると書きましたが、果たして名前が変わるだけで数学は算数の続きなのでしょうか?


結論から言えば、数学は算数の続きではありません。




「算数は得意だったけど、中学に入って数学でつまずいていまった・・・。」
という生徒さんが多いようですが、その原因は算数と数学との違いにあるのかもしれません。

数学でつまづかないためには、この違いを知っていることが大前提かもしれません。



========================================================



算数も数学も、かずやかたちを扱う教科ですが、
算数で扱うのは、具体的な世界つまり日常の現実のみです。


例えば、みかんが4個、校庭が1周400メートル、公園の広さが100㎡、100円の鉛筆の20%引きなど
生活に関わる数量や割合を扱います。


算数を学ぶ目的の一つは、生きていく上で必要な計算や損得をはかることですから、
算数に求められるものは答えの正確性です。

 
計算結果と、単位や割合の理解の正確性が重視されます。







それに対して、数学の対象は抽象的な世界です。
負の数(マイナス)や平方根(ルート)など、日常生活ではあまり目にしない数も扱います。


何のために?


算数では日常生活で体験する具体的なことを扱いましたが、この知識や技能を元にして、
まだ見ぬ知らない世界のことや日常に体験できないことを論理的に推理・推測し、考える
これが数学を学ぶ目的です。


まだ見ぬ知らない世界とは、例えば深海や宇宙
日常に体験できないこととは、例えばミクロやナノの世界のことです。







このような話しをすると、
「ぼくは宇宙にもナノにも興味ないので、数学を勉強しなくてもいいですか?」
という疑問をもつ生徒さんが出てきます。


しかし、この考え方は間違いです。

なぜなら、生きていく上で直面する様々な問題を解決するためには、
まだ起こっていないことを予測し、推理・推測する「論理的な想像力」が必要です。


たとえば、新しい商品を開発して、製造して、販売するためには想像力が必要ですよね?
(もちろん想像力だけではありませんが。)



この「論理的な想像力」を養うために数学の学習はとても有効なのです。
 
 
 
 
(続く)
 
 
 
続きはこちら