読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームティーチャーズ

新潟県の家庭教師ホームティーチャーズの公式スマホサイトです!

日本サッカーの成長と教育界、家庭教師にできること

サッカー日本代表ワールドカップ出場おめでとうございます。



録画した試合を見て、代表選手のたくましさに感動しました。

わたしがサッカーをやっていた20年前の代表チームとは比べ物にならないほど、
技術・戦術・メンタルともに上昇していると感じます。




当然ながらその頃の選手たちがJリーグ創世記を支え、海外移籍の道を拓き、
幼い現在の代表選手たちに夢をあたえてきたことが今につながっていることは言うまでもありません。

それでも、日本人選手がインテルマンチェスターユナイテッドなど世界的なビッグクラブの主力として活躍していることが、
20年前の日本サッカーを見ていたわたしには信じられません。





わずか20年でここまでの成長をとげた日本サッカー界を分析してみると、
ジュニアユース(中学生)年代の環境の改善が大きい要因なのではないかと言われています。

ジュニアユースとは中学生世代のことで、この世代の練習・試合・指導者環境が、
上の世代であるユースやトップチームと連携していて、日本中で一貫した選手育成ができるそうです。

この一貫した育成環境が、日本サッカー界全体の底上げにつながったと言われています。





これと同じようなことが、教育界でも導入されたり、議論されていますよね。
例えば、中高一貫教育や6・3・3・4制の見直しに関する議論です。

小学校から大学まで、しっかりと芯の通った教育理念・戦略があれば、
サッカーと同様に日本の教育界も世界のトップに近づいていけるはずです。




また、サッカーと同様に中学生世代の学習環境・指導環境が、その後に大きな影響を与えます。

わたしたち家庭教師も先々を見据えた指導方針で、日本の教育の底上げにわずかながら関わることが出来ます。
指導に携わるわたしたちも、しっかりと責任を果たせるように日々精進を重ねます。


 

新潟県の家庭教師・ホームティーチャーズ公式ホームページ