読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームティーチャーズ

新潟県の家庭教師ホームティーチャーズの公式スマホサイトです!

中学生の家庭学習時間について

理想的な中学生の家庭学習時間は「学年+1時間」と言われています。
しかし、




「小学生のころは家で勉強していたのに、中学に入ってからは全くしなくなった。」





多くの中学生の保護者はこのように感じているようですね。

「やればできるはずなのに、やらないから成績が下がった。」と考えている保護者も多いでしょうか?



   中学校に入ると家庭学習の時間が減る
 → 勉強時間が短いから成績が下がる
 → だから勉強時間を増やせば成績が上がる


という「やればできる」という発想は自然な考えのように見えますが、
実はこれほど単純ではありません。






たしかに家庭での学習時間と学力には相関関係があります。

            参考 模試偏差値と勉強時間の関係(某首都圏模試のアンケート結果)
                   偏差値(首都圏模試)・勉強時間(平日)・勉強時間(土・日)の順番
                   偏差値65・平日3.5・土日6
                   偏差値60・平日3・土日5
                   偏差値50・平日2.5・土日4
                   偏差値40・平日2・土日3.5
                   偏差値35・平日1.5・土日3
                                     (小5の場合は、上記の8割程度。)
                                     (塾での時間、宿題の時間、読書の時間も含みます)



だからといって、勉強時間を増やせば良いのかというと、そうではありません。
重要なのは「なぜ中学校に入ると学習時間が減るのか」という原因の部分です。



部活が忙しいからなどの物理的な理由もあるかもしれません。
しかし多くの中学生が勉強しなくなる理由は別にあります。



(続く)




続きはこちら
 
 → リンク なぜ中学校に上がると家庭学習時間が減るのか?|新潟市家庭教師のホームティーチャーズ公式