読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームティーチャーズ

新潟県の家庭教師ホームティーチャーズの公式スマホサイトです!

数学を勉強する意味、算数との違い

数学は、算数の続き?

 
小学校6年間「算数」と呼んでいたのに、中学校では「数学」と名前が変わります
 
果たして変わるのは名前だけでしょうか?
数学は算数の続きなのでしょうか?

chara04.png

結論から言えば、数学は算数の続きではありません!


「算数は得意だったけど、中学に入って数学でつまづいた」
という中学生が多いですが、その原因は算数と数学の違いにあるのかもしれません。

数学でつまづかないためには、2つの違いを理解していることも大事ですよ。
0-29.jpg

算数で扱うもの・数学で扱うモノ



算数も数学も、かずやかたちを扱う教科ですよね。

ただし、算数で扱うのは日常生活に近いかずやかたちがほとんどです。

みかんが4個、校庭が1周400メートル、
公園の広さが100㎡、100円の鉛筆の20%引き
など日常生活に関わる数量や割合を扱います。

算数を学ぶ目的の一つは、
大人になり生きていく上で必要な計算やものごとの損得をはかることです。
 
 
算数は、計算結果と、単位や割合の正確性が重視されます。
それに対して、数学では抽象的なものが対象です。

負の数(マイナス)や平方根(ルート)など、
日常生活ではほとんど目にしない数も扱いますよね。
 
mathematics-757566_1280.jpg

数学は何のために学ぶの?
 
数学を学ぶ大きな目的は、
 
算数で学んだ知識や操作をもとに、まだ見ぬ知らない世界のことや日常に体験できない抽象的なことを論理的に推測し、考えてみる。
 

まだ見ぬ知らない世界とは、例えば深海や宇宙
日常体験できないこととは、例えばミクロやナノの世界です。
 

iss-548328_640.jpg

数学は生きていくために必要?

大人になったらいらない?



「宇宙もナノも興味ないので、数学を勉強しなくてもいいですか?」

これは正しくありません。
 

なぜなら、大人になって生きていく上でぶつかる様々な問題を解決するため、
まだ起きていないことを予測し、抽象的なことを推測する論理力や想像力が必要だからです。

そのような論理力や想像力を磨くために、数学の学習はとても役に立つのです。
 
 
(続く)