読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームティーチャーズ

新潟県の家庭教師ホームティーチャーズの公式スマホサイトです!

図形問題の苦手を克服しよう!

図形.jpg 

 

中学校数学の苦手分野は?

 
算数や数学にはいくつかの分野がありますよね。
 
中学校の数学で言えば、
 
・数と式
 
・図形
 
・関数
 
・資料の活用
 
の4つに分けられます。
 
 
今回は図形分野にスポットを当てて、苦手になっている原因やその克服方法についてまとめていきたいと思います。
 

中学数学の図形ってどんな内容?

中学校で習う図形の単元をざっくり挙げてみると、
 
1年生では、平面図形(直線と角・移動・作図・おうぎ形など)と、空間図形(位置関係・展開図・表面積・体積・球など)
 
2年生では、合同(合同・証明など)と、三角形と四角形(二等辺三角形・直角三角形・平行四辺形など)
 
3年生では、相似(相似・証明・平行線と線分比・面積比・体積比など)と、三平方の定理(三平方の定理・平面,空間図形への利用)を習います。
 
新潟県では応用問題として、関数のグラフや動点と面積の問題、空間図形と証明の複合問題がよく出題されますね。
 
苦手だからと言って避けては通れません。
 
 
nayamu_boy.png
 
 

図形問題には、センスやひらめきが必要なの?

図形の応用問題については、センスやひらめきが必要という方もいらっしゃいます。
 
実際にはどうなんでしょうか?
 
 
確かに、「こんなところに補助線を引くなんて思いつかない!」とか
「ここが平行になるなんて気づかない!」という問題がないわけではありません。
 
 
しかし、日本でもトップクラスの学校を受験するという場合を除けば、志望校に合格するために必要なレベルのセンスやひらめきは、
 
基本問題 + その組み合わせ + それらのくり返し
 
によって身につきます。
 
つまり、たくさんの問題に触れているうちに自然と出てくる発想です。
 
 
図形が苦手という小学生・中学生の生徒さんの多くは、センスやひらめきよりも他の問題を抱えていることが多いです。
 
ですから、まずはそれらの問題を解決していくことが大切ですよね。
 
電球0-94.jpg
 
 

図形が苦手な生徒さんの3つの問題点

 
1.正確に問題文が読み取れない
 
2.用語や図形の定義・定理があいまい
 
3.空間・平面のイメージができない
 
 
思い当たる問題点はありますか?
 
これらの問題が解決できれば、図形苦手の9割は消えるでしょう。
 
残りの1割は、上で挙げたように、たくさんの問題に触れることによって解消されます。
 
 
次回は、この3つの問題点についてくわしく書いていきたいと思います。
 
続きはこちら