読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームティーチャーズ

新潟県の家庭教師ホームティーチャーズの公式スマホサイトです!

予習・復習は上手にできていますか?

朝.jpg

 

中学1年生の家庭学習

 
中学1年生の部活動は、5月から仮入部→正式な入部となる中学校が多いようですね。
 
しばらく体力的にきついと感じることもあるでしょう。
 
 
秋ごろになれば体力がついて慣れてきます。
それまでがんばりましょう!
 
 
 
部活動が本格的になると、家庭学習がおろそかになりがちです。。。
 
 
最低でも、その日の復習と明日の予習だけはやっておきたいところ。
 
 
とは言っても、「予習も復習もどうやっていいのかわかんないよー」という中学生も多いです。
  
 
今回は中学1年生向けに、学校の授業の予習方法についてまとめます!
 
 
 
女性2.jpg
 
 

予習=難しい は大間違い?

 
予習=難しい
 
というイメージを持っている中学生が多いようですね。
 
 
習っていないことを勉強するなんて、「頭が良くないとできないよ・・・」なんて思っていませんか?
 
 
それは大間違いです!
 
 
 
実は、勉強が苦手な生徒さんほど予習が必要です。
 
なぜなら、予習は学校の授業を分かりやすくするためのものだからです。
 
chara04.png
 
 
 
中学校の授業はスピードが速いですよね?
 
授業内容が頭に入っていれば、先生の話を理解しやすくなります。
 
 
 
つまり予習とは、
 
☓ 「習っていないことを自分一人で勉強すること」
 
〇 「授業での理解を高めるための準備」
 
です。
 
 
ですから、勉強が苦手な生徒さんほど予習が必要なんですね。
 
 
読書.jpg
 
 

具体的な中学生の予習のやり方

 
予習とは、授業での理解を高めるための準備です。
学習ではなく準備と考えて下さい。
 
 
 
まずは、教科書を読みましょう。
 
明日習うであろうページを読んでみましょう。
 
 
意味が分からなくても、読めない単語や知らない用語があっても全然OK
 
そのかわり、分からないところには「意味が分からない」、読めないところには「読めない」とメモしておきましょう。
 
明日の授業中に先生が教えてくれるはずです。
 
(もし教えてもらえない場合はもうすでに習っている可能性がありますので、誰かに質問するか自分で調べてみましょう)
 
 
study_boy.png
 
 
大事なことは、分かる・分からないをしっかり区別しておくことです。
 
 
分からないところは無理に自分で勉強しようと思わなくて大丈夫!
明日は、そこに集中して授業を受ければいいのです。
 
 
 
基本的には授業の予習はこれだけでOKです。
 
1教科10~15分程度ですので、1時間もあれば全教科終わりますね。
思ったより簡単でしょ?
 
鉛筆消しゴム.jpg
 
 
もし時間に余裕があれば、
 
・ワークも眺めてみて、教科書と同じようにメモする
 
・分からない単語や用語を辞書や用語集で調べてみる
 
ここまでできたら完璧です!
 
 
ただ、余裕がなければ、復習にあてた方が良いでしょう。
 
次回は復習のやり方についてまとめます!
 
 
  
続きはこちら


 
↓ 予習復習のくわしいやり方が分かる体験授業のご案内 ↓
無料体験.png