読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームティーチャーズ

新潟県の家庭教師ホームティーチャーズの公式スマホサイトです!

ついつい先延ばし・・・打ち勝つための3ポイント

character_akuma.png

 

定期テストが近づいてきました 

 
私たち家庭教師がオススメする、中学生の理想のテスト勉強期間は3週間です。
 
 
・はじめの1週間は準備
 
・次の1週間は誘惑との戦い
 
・最後の1週間は反復や追い込み
 
上のような3週間を過ごせれば、成績アップ間違いなしです!
 
 
 
くわしくはこちらで
 

f:id:hometeachers21:20120517163618j:plain

 
 
 
さて、テストまで残り2週間ですから、そろそろ本格的にテスト勉強をスタートしなければなりません。
 
 
しかし!
 
ついつい「まだ大丈夫」「明日からやろう」と先送りしてしまうのが人間の弱さです・・・。
 
「まだまだ時間があるから大丈夫」という誘惑に打ち勝つ方法を考えてみましょう。
 
chara05.png
 
 

まだ〇日あるから、明日からやろう

 
「勉強が得意で大好き!」という中学生は少ないと思います(笑)
 
 
ですから、多くの中学生にとっては、「できることなら、テスト勉強したくない。。。」というのが本音でしょう。
 
 
まだ時間があるからと、ついつい先延ばしにしてしまう生徒さんは、結局ギリギリまでサボってしまい、テストで惨敗・・・ということに。
 
 
テストが終わった後は、「次回は早くから取りかかるぞ!」と誓っても、毎回同じことの繰り返しになっていませんか?
 
 
そんな生徒さんには、「まず、手を動かそう!」とアドバイスします。
 
 
猫先生.jpg
 
 

まず手を動かすことが重要な3つの理由

 
テスト勉強で最も大切なのは計画立てです。
 
 
ですから、闇雲に取りかかるのはリスクがあります。
それでも、あれこれ考える前に手を動かした方がイイ理由は3つあります。
 
 

f:id:hometeachers21:20160611143053p:plain

 
 
1つ目は、分析マヒ症候群と呼ばれるものです。
 
情報分析や作業計画を、あれやこれやと考えすぎているうちに、実際に行動すること自体が軽く扱われてしまう心理状態です。
 
 
テスト勉強で言えば、どこが出やすいとか、いつまでにどこを勉強しようとかを考えすぎているうちに、テスト勉強をやったつもりになってしまうのです。
 
まとめノートをきれいに作っただけで、勉強した気になっている生徒さんも同じ心理かもしれませんね。

f:id:hometeachers21:20160609190234p:plain

 
 
 
souji_kitanai_man.png
 
 
2つ目は、作業興奮という心理です。
 
めんどうな部屋の片づけでも、一旦始めてしまうと部屋中やらなければ気が済まなくなるアレです。
 
作業興奮から考えると、やる気が起きて勉強に取りかかるのではなく、勉強に取りかかるからやる気が起きると言えます。
 
 
くわしくはこちら
 
勉強する男の子(すらすら.jpg
 
 
 
3つ目は、完璧にやらねばという思い込みです。
 
 
テスト勉強は、とても大変な作業でそれを完璧にやりこなさなければならないというプレッシャーが、先送りにつながってしまいます。
 
 
少しでも進むことが大切。
 
「昨日よりも少し前進した。明日も少し前進させよう。」
 
一歩一歩が作業興奮を呼び、先延ばしを防ぐことにつながります。
 

f:id:hometeachers21:20160609191440p:plain

 
 
以上3つの理由から、家庭教師としてギリギリまでテスト勉強を先延ばしにしてしまう生徒さんに対して、
 
「あれこれ考えずに、まずは手を動かしてみようよ!」
 
とアドバイスしています。
 
 
 
さあ!今から5分だけ机に向かってみましょう!